SS更新滞っております。申し訳ありません……

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.06.20 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

マジカルじゃぽねすくH【最終宮 Athene 前篇】

 
「アルテミス・・・」
ひょこひょこと歩いていたのを捕まえて膝に抱える。

「まだなのです・・・・。
 もう少しだけ・・・」
主の声に答えたのか三毛は
腕の中でミっと短く鳴いて顔を胸に埋めた。


「逃げずに出てきたのは褒めてやるのです。
 でもすぐに美沙の前にひれ伏すのですよ!」
そんな事を言ったのもだいぶ前のように感じるのです。

決して舐めてかかったのではないのです。
カオスを倒すほど力をつけたのはわかっているのです。
それでも、美沙の中にまだまだ後輩にすぎないと言う
驕りがあったのかもしれないのです。

それだけ目の前の千里の攻撃は凄まじいのです。
このウィッチ美沙が防戦に追われているのですから。
それでも決定打を許さないのは
流石美沙なのです。
ウソです。
これまでの積み重ねによるディフェンスが功を奏しているのです。
千里はまだまだ攻撃よりも防御は隙がある。
美沙が攻めるのはその時なのですよ。





(流石にうまい・・・)
ミドルキックをいなされてWアームで投げられた。
優勢に攻めているようでその実は掌で遊ばれているよう。
捉えどころがない、それがウィッチ美沙と言うレスラーだった。

「試合中に余計な事を考えるのはダメなのですよ!」
あっという間にコブラツイストに絡められる。
肘が脇腹を捉えているのもいやらしい攻撃だ。
何とか振りほどいたかと思えば
崩れた姿勢から今度はマジカルツリー。
ロックされた足をぐっと持ち上げられる。
観客の盛り上げ方も堂に行ってる。
流れは王者に行っているようだった。

(ここで、変えなければ・・・)
技を解いて、美沙先輩はギロチンドロップを狙ってきた。
私はこれを転がってかわすと
ローキックにミドルを織り交ぜながら追い詰めると
強引に前に出た所をカウンターでジャンピングネックブリーカーを
決めて見せた。






(打撃系はタフなのがめんどくさいのです)
美沙もスタミナには自信はあるのですが
打撃が得意な選手はまたタフと言うのとは異質な
驚異的な回復力を持っているのが厄介なのです。
今も少し反撃の機会を与えたらもう息が整っているのです。
まったく割が合わないのですよ。

千里は勢いに乗って美沙を投げに来たのです。
それは愚策と言うものなのです。
この美沙がそうやすやすと投げさせると思ったのですか。
クリッチを切って逆にバックに回り込むのです。
そして反対に投げて・・・
あれ?なんか視界が上を向いてるのです。
うわ!逆さ押さえ込みなのです。
危ないのです。
こんなので3カウント奪われてはつかさの笑いの種なのです。

そっちがそう来るなら美沙も負けてないのです。
まだ身体が絡んでいる千里を捕らえると
「久々に回すのですよ〜!」
とアピールしておいて、それ。
ラミパスラミパスルルルルル〜♪
いつもより多めに回しておるのです。
20回まわったところでストップ。
うぅ〜この技は美沙も気持ち悪くなるのが欠点なのです。
それでも大いに沸いたから問題なしなのです。





この人とやる時は、周りにも注意をしなければならない。
セコンドの2人がいつちょっかいをかけてくるかわからないから。
今も、一人は無駄に観客をあおっているし
もう一人はうっとりとした顔でリングを見上げている。
ハッキリ言って邪魔でしょうがない。
しかしこれで調子を崩され敗れるレスラーも数多いから
無視するわけにはいかなかった。

「そろそろひとつ、大きいの行っとくのです」
私をノーザンライトで投げるとすぐさまコーナーに登り
マハリクを発射してきた。
「っく!」
タイミングが早くて交わせない。
そう判断した私はダメージを耐える為に
身体に力を込めた。
背中から降ってきた美沙先輩は私の上にラウンディングすると
ポーズを決めた。
(耐えた!・・・チャンスだ)
そっとエプロンに出るとトップロープを掴む。
そして美沙先輩が振りむいた瞬間
ロープに飛び乗ると反動を利用して
高く舞い上がる。
そして身体を前方回転させ、捕らえる瞬間
膝を思いっきり伸ばし、美沙先輩の顎を的確に捉えた。





「ぐぁ!!!」
千里のシリウスソードを貰って派手に吹っ飛ぶ。
気づいた時にはもう目の前にいたので完全では無かったですが
自ら後ろに飛んで威力は半減できたのです。
それでもこのダメージ、つくづく恐ろしい相手なのです。

それでも、今の受けは千里にはばれてないはず。
このまま倒れて隙を窺うのですよ。
・・・・近寄ってこない。
バレバレですか。
う〜ん、5期生も成長したのですよ。

ならば、しょうが無い。
レフリーの後ろに隠れながら起き上がるのです。

さて、こっからどうしようか。
「ねぇねぇ美沙ちー。どうすんの?
 何かやった方がいい?」
リング下にいたつかさが聞いてきたのです。
「今日は何もしなくていいのです。
 真正面から叩き潰してやるのですよ」
「ふ〜ん。んじゃあたしゃ暇だね。
 遊んできていい?」
そう言うとつかさは観客を掻き分けて向こうに行ってしまったのです。
まったく自由人なのです。
そら千里もはてな?って顔してるのです。
「そんなに構えなくても今日はつかさ達は手を出さないのです。
 安心して玉砕するのです」
そう言うと、美沙は千里めがけて突っ込んでいくのでした。






タイトルインデックス 戻る>>  << 次へ




後編へ続きます・・・(収まらなかった)

スポンサーサイト

  • 2011.06.20 Monday
  • -
  • 17:00
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
 アルテミス! 場外からこっそりビームを!
 というのは、冗談として……どうしてでしょう?
 美沙が優勢なのに安心できない!?
 願掛けに電撃PSで当たったサインをパソコンの前に飾っておきましょう……。
  • CBTF
  • 2009/03/30 7:36 PM
CBTF様≫
流石にこの展開でビームは無理(笑)
美沙の勝利を祈っていて下さい・・・・・。
  • アワモ
  • 2009/03/31 2:12 PM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

recent comment

  • とりあえず書くことから始めよう
    トモ
  • 1mmも頭になかった
    泡藻
  • 1mmも頭になかった
    CBTF
  • 越中いいこと言ったw
    泡藻
  • 出来れば赤か青が良かったです
    泡藻
  • 出来れば赤か青が良かったです
    CBTF
  • 越中いいこと言ったw
    トモ
  • 分かっちゃいたけど愕然とした
    泡藻
  • 分かっちゃいたけど愕然とした
    トモ
  • 分かっちゃいたけど愕然とした
    CBTF

selected entries

categories

archives

links

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM