SS更新滞っております。申し訳ありません……

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.06.20 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

進め、マジカルじゃぽねすく【No. Ⅺ the World】

 

私こそが世界の中心
全てのものが私のため私だけのもの
完全なる支配、完全なる世界
 
カオス
混沌の名をもつ女子プロレス界のラスボス
こいつを倒せば名実ともにナンバー1になる。



ジャスティスブレイド
現在の女子プロレス最高のベルトは
WWCAでもIWWFでもましてや
新女が大事に抱えているあの赤いベルトでもなく
ジャスティスブレイドこそが
女子プロレス界の至宝なのだ。


そして
今その二つが揃っている。






「いよいよだね、美沙ちー」
つかさが若干心配そうな顔をしてみてるのです。
大丈夫なのです。
美沙は勝つのですよ。
「負けることは許さないから」
亜魅は脅しですか。
まったくつるぺた同士仲良くするのです。
美沙は今日歴史を刻むのですよ。
「じゃ時間だしいこっか」
こうして美沙は控室を出て花道へと向かうのでした。

6月15日
美沙の20歳の誕生日
もはやお決まりとなったブーイングのほかに
おめでとうと手作りのボードをかざしてるファンもいるのです。
ヒールは嫌われてなんぼなのに全くおめでたいものです。
美沙の手には魔女と言えばおきまりの丸箒が。
空は飛べませんが十分凶器にはなるのです。
魔族二人をひきつれてリングインなのです。

目の前には見るからにラスボスチックなその姿。
良く知ってる間柄ではあるのですが
今日は倒すべき敵スーパーカオスなのです。
しかし、カオスはいつもながら余裕の表情なのです。
マスク越しだけど美沙にはわかるのです。
でも、美沙は負ける気しないのです。
ゴングと同時にラッシュしてやるのですよ。



流石はカオスと言ったところ。
圧倒的に美沙が攻めてるのです。
だけど一撃が重たいから体力的には五角なのです。
パワーボムなりあの右腕を喰らったらヤバいのです。
とりあえず土手っ腹にミドルキックをぶち込んで
腰が落ちた所を踏み台にしてシャイニング式のハイキックなのです。
見事な発想なのです。
カオスが倒れたので一気にコーナートップに駆け昇ると
間髪入れずマハリクで追撃、そのまま抑え込み。
しかしカウント2.5.
当然なのです。敵はカオスなのです。
もう少し体力を奪わないとダメなのです。
そこで美沙はストレッチプラムでカオスの太い首を捻るのです。
太すぎて逆に締め付けが強くなるから効果的なのです。
逃げられたけど十分にスタミナは奪ったはずなのです。
ここはDDTで・・・・

しまったのです!
カオスはここを狙ってたのです。
こらえられ逆襲のパワーボムを喰らったのです。
意識が飛びかけたのです。
相変わらずのバカ力なのです。
カオスはここから二―リフト、裏拳と畳みかけてきたのです。
ぴ、ピンチなのです。
この後は必殺のダークスターハンマーなのです。
これだけは喰らってはいけないのです。
唸る剛腕をなんとか潜り抜けたのです。
そう、潜り抜けた・・・・。

「ハ〜イいらっしゃ〜い♪」

勢いがついたカオスがロープまで行くと
待っていたのはつかさ。
そして
「Uhgggggahhhh・・・!!」
顔中パッションピンクに染められもがくカオス。
つかさのラブミストが炸裂したのです。
「ナイスなのです、つかさ!」
つかさとハイタッチを交わすと
「それじゃあ、超魔法発動なのですよ!」
元は大鬼を倒すための技。
いくら巨大なカオスと言えども比ではないのです。
がっちりと両手をロックし
投げつけるのです。
美沙と自身の体重をもろに首で受けたカオス。
美沙は勝利を確信したのです。
ワン!
あたりを見渡します。
ツー!
右手を突き上げます。
す・・・・
なんとカオスの奴わずかですが肩をあげたのです。
なんてしぶとい・・・。
しかし、意識はないようなのです。
王者の意地か無意識に身体が動いたようなのです。
「ならばそこまで刈り取ってやるのみなのです」
美沙は再びコーナーに登ると
マハリク・・・ムーンサルト1/2捻りから
更に1/2捻ったマハリタを初披露
プライドごとカオスを押しつぶしたのです。


×カオス(27分18秒マハリタ)美沙●


ついに・・・・ついに・・・・
ついに美沙はやったのです!
女子プロレス界の頂点に立ったのです。
美沙は・・・美沙は成し遂げたのです!!
もう恐れるものは何もないのですよ。
美沙が、美沙が女子プロレスなのですよ!!!

フフ・・・・・フフハハハハハハハハ!!!!

「美沙・・ちー・・・?」
つかさが駆け寄ってくるので一瞥するのです。
「ひひぃ!!!」
思わず尻もちをつくつかさ。
そんなつかさを気にもしないのです。
すると
傍に歩み寄り膝をつき首を垂れる少女がひとり。











「ご復活おめでとうございます。
 この日が来るのをずっと、ずっとお待ちしておりました」















Bad End?



























「奥方様・・」
 
「・・・わかっています。
 あのバカ娘が、禍力に取り込まれおってから」

「いかがいたしましょう。
 完全に覚醒する前に・・・」

「捨て置きなさい」

「し、しかし」

「あの子の力、あなた方も知ってのとおり。
 今までと思っていたら無駄死にするだけです。
 それにすでに手は打ってあります・・・・。
 きっとあの子は打ち勝ってくれますよ。
 あの子にはいいお仲間がいますから。
 それに・・・私達の娘なのですから・・・ね」































「あれ?これは美沙ちゃんの・・・。
 なんでこんな所に?」






にゃぁぁぁぁぁ!!


ピカーッ!!!


「きゃあああああ???!!!」














タイトルインデックス 戻る>>

スポンサーサイト

  • 2011.06.20 Monday
  • -
  • 17:00
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
 美沙でもカオスに勝てるようになったんですね……「マハリク」と「マハリタ」は、そういう関係だったんですね。最初に「マハリク」と聞いた時に「続きは?」と思っていたのですが、納得しました。
 完全に暗黒面へ落ちた美沙を救うのは、白い……楽しみです。
 それにしても主人公だというのにこういう方向で……どこか下っ端っぽいのが、美沙の親しみやすさなのでしょう。ハラハラしますね。

追伸
 駅伝中継お疲れ様でした。毎日の更新はさぞご苦労だったでしょうが、とても楽しませていただきました。
 我がコーヒー・ブレイク・エンジェルスも、ほぼ計算どおりに健闘して目標の20位以内を達成、16位と順位も中頃で初参戦にしては上出来かと思います。
 特に一区と二区は、地味に区間賞獲れそうでしたしね。
 実は実際の駅伝には、あまり興味がないのですが…・・・最初から最後まで楽しめたのは、泡藻さんのおかげかと思います。ありがとうございました。
  • CBTF
  • 2009/03/09 7:34 PM
おお、何たる展開!?
どう続くのでしょうか?楽しみですね〜。
なんかミミさんに魔法少女フラグが立った気がします(笑)
  • npgm
  • 2009/03/10 7:39 AM
CBTF様≫
駅伝、前半活躍が目立ちましたね。
中々の好チームだったと思います。
この時点で美沙は評価値1,500↑です。
「マハリタ」は、実際には存在しないのですが
必殺に置いてある「マハリク」が序盤で出す技で
終盤決めにかかるのが「マハリタ」だと想定しています。
実際にはセントーンとプレスと着地が違うんですがね。

シロー様≫
お楽しみに、としか言えませんね(笑)
まあちゃんとプロレスする、予定ではあります。

npgm様≫
さあ、どうでしょうか?w
お楽しみにです。
  • アワモ
  • 2009/03/10 6:51 PM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

recent comment

  • とりあえず書くことから始めよう
    トモ
  • 1mmも頭になかった
    泡藻
  • 1mmも頭になかった
    CBTF
  • 越中いいこと言ったw
    泡藻
  • 出来れば赤か青が良かったです
    泡藻
  • 出来れば赤か青が良かったです
    CBTF
  • 越中いいこと言ったw
    トモ
  • 分かっちゃいたけど愕然とした
    泡藻
  • 分かっちゃいたけど愕然とした
    トモ
  • 分かっちゃいたけど愕然とした
    CBTF

selected entries

categories

archives

links

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM