SS更新滞っております。申し訳ありません……

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.06.20 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

進め、マジカルじゃぽねすく【No. 将 the Moon】

 

その神秘の輝きはさまよう魂を導く
未知の世界へ通じる道


「ウシシシ♪」
まずいのです。
ラリアットをかわされて振り向いたら
目の前に広がるのはプリッとしたフライングピーチ。
でもこれだけは喰らいたくないのです。
なぜなら・・・

『サキュバス真鍋のコモンフレグランスが美沙に決まったぁ!』

実況に大声で叫ばれたのです。
鬱なのですよ。
コモンフレグランス・・・・
コモンに深い意味はないのです。
ただ単に
乙女の口からは進んで出てこない単語に近いだけなのです。
しかもフレグランス、香りと続けられては
受けたくもなくなるのです。
まったくつかさの奴は
あっさりと強くなるのを放棄してネタに走ったのです。
しかもお下劣な方へ・・・。
頭に来たのです。
美沙の力を思い知れなのです。



と一瞬思ったのですが自制するのです。
つかさ相手じゃもったいないのですよ。







「美沙、あんたそれ実戦じゃ使っちゃダメ、ていうか封印」
なんですと?!
「あたりまえじゃない!
 毎回毎回入り方も違うわ落し方は違うわ。
 見てごらんなさい」
後ろでジト目で見てるのは
ぶっとい首をコルセットで固定した
哀れな姿の仙川コーチ・・・・。
「仙川さんだからあれですんだけど
 普通は首が逝ってるわよ」
それは・・・面目ないのです。
でも、だいぶ形は煮詰まってきたのですよ。
「だから完成するまではリングで使っちゃダメ。
 やるたびにコロコロ変わるような技じゃ
 受ける方も大変なんだから」
・・・わかったのです。
一刻も早く完成させるのです。

「まったくえげつないのを考えたものね。
 形はあのパンサー理沙子のフェイバリットホールドな
 キャプチュードだけど」
と、言われても美沙にはピンとこないのです。
そんな美沙が入った時には居ないような『昔の人』の話をされても困るのです。
片方の腕は首に、もう片方は相手の蹴りあげた足を持ちあえて
そのまま後方へ投げるのがキャプチュードというらしいのです。
でも美沙はその両手をがっちりとロックして
美沙の体重を全部預けるようにして後頭部からマットに叩きつけるのです。
「さしずめキャプチュードバスターと言ったところかしらね」
あの本に書いてあったようにやってみたらこうだったのです。
美沙の解読は完璧なのです。
確かにこれなら首が落ちるくらいの衝撃なのです。
仙川コーチで試したから間違いないのです。
あとは、入り方の工夫とやりすぎないように角度の調整なのです。
 「とにかく形が定まるまで練習用のダミー人形以外に
 出すのは厳禁だからね」
こうして血のにじむような特訓の日々は続いたのです。



めぐみさん千種にはやさしいのに美沙には鬼コーチなのです。
容赦ないのです。
美沙はディフェンスの練習もやっているのです。
と言うよりもそっちがメインなのです。
技の開発はちょこちょこっとやってるだけなのです。
実家から拝借してきた本の内容は
体力のない人間がいかにうける技の威力を殺すかに重点を置いてたのです。
いわゆる氷室さんみたいに受け流すってやつなのです。
でも、これがなかなか難しいのです。
本を見て出来るようになるのは天才なのです。
美沙はどうやら天才ではないみたいなのです。
毎日コーチたちの技を喰らいまくって青あざが絶えないのです。
「美沙は反射神経と洞察力は高いんだから
 後は対処の仕方を身に覚えさせるだけ」
と言われるのですが身につかない場合はどうすればいいのでしょう。
「徹底的にたたき込むしかないわね」
と言う事で、せっかくお正月を南の島で過ごすと言うのに
美沙だけ仙川さんとビーチで練習なのです。
ああ、青い海、溢れる太陽、白い砂浜・・・。







頑張ったおかげで美沙の防御能力はぐんぐん上がったのです。
もう鉄壁の守備
ペナルティエリアの外からは何びとたりとも決めさせないのです。
そして・・・・
「まあそんなところね」
やったのです、めぐみさんの合格が出たのです。
いよいよにゅーみさのお披露目なのです。
「だけど美沙。
 普段はこれ使っちゃダメだからね」
なんでですか!
「いい?この技は美沙にとってとっておき
 奥の手なの。
 そんな技を出すのはそれ相応の相手とタイミングってもんがあるの。
 せっかくの大技も連発してちゃ興ざめよ。
 ここ一番って時にだけ出せば説得力も出てくるって訳」
なるほどなのです。
それも格好いいのです。
流石は日本のプロレス界を引っ張っていくだけの事はあるのです。
了解したのです。
「さて、美沙の新技も完成したことだし
 これで美沙のコーチともおさらばね」
え?なんでですか?
「あたりまえじゃない。
 美沙は今やフォーチュンホイールのメインを張れるレスラーじゃない。
 いわばライバル。
 そんなのを私が教えててどうするのよ。
 新人も入ったんだし私はそっちを任されることになったから」
仕方ないのです。
美沙の目標はあくまでめぐみさんを倒すことなのです。
「そうね、敵に塩を送るような感じだったけど
 これからは容赦しないからね」
今までも容赦なんてこれっぽっちもなかった様な・・・・。
と言うと怒るのはわかりきっているので口には出さないのです。
美沙は空気が読めるやつなのです。
「全部口からででてるわよ」
・・・・・しまったのです。





.............................................................................................

月・・・・
弱さ・・・不安・・・迷い・・・
己の中の暗闇を・・・淡く照らし出す存在・・・
力の解放・・・やがて来る朝日・・・
運命が近づいている・・・?




タイトルインデックス 戻る>>  << 次へ




美沙の黄泉堕し、モデルはジョシュ・バーネットのキャプチュードバスター。
闘獣牙Leonのそれ(麻里子スパイク)とは別物です。
心情的には麻里子スパイクの方がいいんですが
あれはどっちかと言うとフィッシャーマンなので。


スポンサーサイト

  • 2011.06.20 Monday
  • -
  • 17:00
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
 必殺技は簡単には完成しないもの……それだけにリングの上で見られるのが楽しみです。
 こちらの武藤さんが、豆腐屋の哲さんのところの南さんのような指導者キャラに思えてきました。サバイバーから入った私には、こういうイメージは無かったのですが……武藤さんって、こういう方なのでしょうか?

追伸
 本で確認したら『黄泉堕とし』でした。
 どこで勘違いしたのやら……。
 
  • CBTF
  • 2009/03/06 7:24 PM
CBTF様≫
うちの武藤さんはNEW WIND版の影響を結構受けているかもしれません。
年齢の割に大人びた落ち着いた女性となっています。
あ、千種の前では別人ですが(笑)

実は特訓の場面は数行の予定でした。
おかげでまたも・・・・(汗
  • アワモ
  • 2009/03/06 8:51 PM
美沙の必殺技開発ですか。炸裂する相手は誰になりますかね。楽しみです。
で、武藤ですが…なるほどウチの後半の武藤めぐみはこんな感じだったかもしれないですね。
なんだか懐かしいです。
  • 2009/03/06 9:23 PM
N様≫
引退→秘書になった武藤が印象にあったので
孤高な部分よりもこういう方面に行ったんだと思います。
コーチになってもらいましたしね。
美沙の必殺技は・・・ここまでの流れから誰が最初かは
わかるかもしれません。
この話の中心なのでw
  • アワモ
  • 2009/03/07 1:27 AM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

recent comment

  • とりあえず書くことから始めよう
    トモ
  • 1mmも頭になかった
    泡藻
  • 1mmも頭になかった
    CBTF
  • 越中いいこと言ったw
    泡藻
  • 出来れば赤か青が良かったです
    泡藻
  • 出来れば赤か青が良かったです
    CBTF
  • 越中いいこと言ったw
    トモ
  • 分かっちゃいたけど愕然とした
    泡藻
  • 分かっちゃいたけど愕然とした
    トモ
  • 分かっちゃいたけど愕然とした
    CBTF

selected entries

categories

archives

links

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM