SS更新滞っております。申し訳ありません……

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.06.20 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

進め、マジカルじゃぽねすく【No. the Empress】

 


愛することと感謝することは同じこと
愛情を注ぐ彼女にもまたすべての人から愛情を受ける
悲しみ・喜び・怒り・楽しみ
幾多の感情を経験し試練を乗り越えるすべとして
そこに愛を見出した
美沙は何の因果か
『魔法少女』ウィッチ美沙として
この度プロレスデビューすることになったのです。
そしてそのデビュー戦の相手と言うのが・・・・・。




「いーやーなーのーでーすー」
美沙は最後の抵抗をするのです。
控室のベンチを両手両足でがっちり掴んでテコでも動かぬ覚悟なのです。
「わがままはダメダメだよ」
舞さんが説得に入りますが美沙も必死なのです。
誰も死ぬと判っている所にのこのこ出ていかないのです。
「あの子だってうちじゃ下っ端なんだし、
 ましてや美沙はデビュー戦なんだから思いっきりいって
 華々しく散ってくればOKオッケー」
「いえ、下っ端さんだからこそ加減が出来てない気がするのですよ・・・」
美沙の鋭い突っ込みに舞さんも笑顔が固まってるのです。

「ほらもう始まるわよ」
たまりかねて顔を出したのは
この『フォーチュンホイール』の精神的支柱な存在の
ロイヤル北条さん。おん年・・・・これ以上は美沙にも無理なのです。
「・・・美沙さん、無様な格好ですね。
 舞さん、強制入場させますよ」
団体屈指のパワーの持ち主の北条さんと舞さんの前には
美沙の抵抗なんて些細なものだったのです。
あっという間に引きはがされて花道の入り口まで引きずり出されたのです。
「さあ、ここまで来たんだから覚悟決めちゃえ♪」
笑顔の舞さんが後ろに回ったかと思うと
いきなり美沙の背中を蹴りつけやがったのです!
「うわぁっと」
押し出される格好で満員の観客の前に立たされたのです。
美沙なんて知らないはずなのに凄い歓声なのですよ。
流石にこの状態で引き返す度胸は美沙も持ち合わせていないのですから
まっすぐリングに向かうのです。
今日は美沙のデビュー戦と言う事もあって
美沙が赤コーナーなのです。
リングのスポットで良く見えませんが対戦相手はすでに
リング上に上がっているようなのです。
うぅ〜足が進まないのですよ。




「赤コーナー・・・本日がデビュー戦
 『魔法少女』ウィッチ〜み〜さ〜」
言われたとおりにリング四方に頭を下げるのです。
新人は挨拶が大事らしいのです。
レフリーの人がリング中央に美沙達を呼びます。
ボディチェックと簡単な説明をするのですが
美沙の耳にははいってこないのです。
・・・ここまであえて見ないようにしてたのですが
目の前に立たれると見ざるを得ないのです。
視線を徐々に上にあげていくのです。
まっすぐ普段の目線にしたとき眼にはいってきたのは
二つの大きなふくらみ。
確実にメートルオーバーなのです。
つつましやかな方が絶対いいのです。
ええ、決して負け惜しみなんかじゃないのです。
そこからさらに顔を上げていくと
完全に見上げた所でにこやかな笑顔が美沙を見下ろしているのです。
「あらら〜よろしくお願いしますね〜」
今から戦うとは思えないこの声と笑顔。
これが曲者なのですよ。
この人が美沙のデビュー戦の相手
『生物災害(バイオハザード)』大空みぎり、その人なのです。





「うふふ〜避けないでくださ〜い」
「む、無理なのです!」
みぎりさんが何気なく繰り出す張り手を美沙は必死にかわすのです。
普通の選手がけん制で使うようなこの技も
みぎりさんが使うと一撃KO
まさに必殺技へとその姿を変えるのです。
しかも、みぎりさんにとってはそんな意識がこれっぽっちもないので
やっかいなのですよ。
観客の皆さんには逃げ回る美沙とそれを追いかけるみぎりさんの様子に
笑いが起きるのです。
笑い事じゃないのですよ、まったく。
美沙は本当に真剣なのですから。

「あらら〜、つかまえちゃいましたぁ♪」
健闘むなしく美沙は捕まってしまったのです。
思えば短い一生だったのです。
波乱万丈だった美沙の人生もここで終わりなのです。
父上母上いたらない娘を許してほしいのです・・・
「あら〜どうしたんですかぁ」
ぐったりとした美沙を気遣ってペシペシと頬を叩くみぎりさん。
いや、ほっぺが腫れあがってくるのがわかるくらい強烈なんですが。
「う〜ん・・・と。とりあえず終わらせちゃいましょう〜」
無造作にぽいっと放り投げられた美沙は
大きな放物線を描いてマットに落下したのでした。

「み、みぎゃぁぁ〜?!」


デビュー戦
×美沙(6分24秒投げ捨てボディスラム)みぎり●



追伸:どうにか美沙は生きていたようなのです。







...............................................................................................

・・・女帝・・の・・逆位置・・・
挫折・・・・軽率・・・過剰な反応・・・・
彼女には少し過ぎる相手・・・・
まだまだ・・・弱い力・・・・
一層の・・・精進が必要

 
  タイトルインデックス 戻る>>  << 次へ

スポンサーサイト

  • 2011.06.20 Monday
  • -
  • 17:00
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
 初対戦がみぎり……奇しくも北海道出身者とですか。
 まあ、そういう運の無さも美沙らしいところですね。いつかみぎりを倒す日が!

 頑張れ美沙、負けるな美沙。
  • RX(CBTF)
  • 2009/02/18 10:52 PM
RX様≫
実は最初の予定と違うんですよね
デビュー戦は北条さんとの予定だったんですが
どこで間違ったか1日目と最終日を組み間違えまして・・・^^;
気づいたらみぎりがリングにいましたw
ですので女帝とタイトルがあるのに女帝が少ししか出てこない
というおかしなものになってしまってます。
  • アワモ
  • 2009/02/19 11:35 AM
どうにか生きていましたか(笑)

しかし経験の浅いみぎり、美沙の確かに新人相手には酷過ぎる相手かもしれません。美沙の突っ込みは的を得ております。
初試合が投げ捨てボディスラムで負けるのも彼女らしいというか(笑)
女帝のタイトルのカラクリにはそんな裏事情が合ったのですね。
これからの美沙の活躍?に期待しております。
シロー様≫
実際に美沙は何もできずに終わりました。
ちなみにみぎりは設定のままLv4以下の技は持っていません。
美沙が生きていただけでも儲けものなのですよ(笑)
  • アワモ
  • 2009/02/19 6:25 PM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

recent comment

  • とりあえず書くことから始めよう
    トモ
  • 1mmも頭になかった
    泡藻
  • 1mmも頭になかった
    CBTF
  • 越中いいこと言ったw
    泡藻
  • 出来れば赤か青が良かったです
    泡藻
  • 出来れば赤か青が良かったです
    CBTF
  • 越中いいこと言ったw
    トモ
  • 分かっちゃいたけど愕然とした
    泡藻
  • 分かっちゃいたけど愕然とした
    トモ
  • 分かっちゃいたけど愕然とした
    CBTF

selected entries

categories

archives

links

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM