SS更新滞っております。申し訳ありません……

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.06.20 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

WAS2リプレイ風SS〜百花繚乱〜第39話(後篇)


※このSSは基本対話形式で進行します。

文中でのキャラ色
 社長=
 霧子=オレンジ
 北条=
 滝=
 RIKKA=黄緑
 ソニック=黄色
 桜崎=
 ハン=浅葱色
 六角=茶色
 ディアナ=ピンク
 みこと=水色
 小早川=
 ??=
外国人・フリー参戦・その他=グレー
説明文=白・斜体

となっております。
ご確認のうえお読みくださいませ。
本文は続きからとなっております。

なお、右フレームに

タイトルインデックスページへのリンクがありますので活用していただけると話を追っていけるかと思います。

尚、この話は39話前篇と合わせた話となっており
試合部分は会話調ではありません。

 


「ミカさん!!」
ようやくみことを振りほどいてディアナが
ソニックを救出することに成功した。

「邪魔ですね」
と、ディアナを投げ捨てると再びソニックに向かう。
しかし、ソニックはソバットで活路を見出すと
ヘッドシザースを連発。
変わったみことも豪快に投げ捨てるが、痛めた左膝の為に
踏ん張る力が足りなそうだ。

「ディアナ、お願い」
タッチを受けたディアナがこちらもタッチした桜崎を逆水平で攻める。
桜崎もディアナの攻撃をあえて受けて張り手を返す。
気持の入った打ち合いは、徐々に桜崎が優勢に。
パシーンという音とともにディアナは頬を打ち抜かれ
がっくりと膝をつく。

桜崎はコーナーポストにディアナを押しやると
前蹴りで強引に座らせると観衆に拍手を要求する。
「いきまーす!」
と掛け声をあげると、ブーツの側面でディアナの顔を擦り上げる。
オィ!オィ!オィ!と掛け声が響き
最後は助走をつけて一気に顔面を削いだ。

ぐったりとするディアナを抱えコーナーポストに持ち上げると
自分もセカンドロープに上がる。
雪崩式を狙う桜崎だったが、ディアナも投げられまいと
ロープを握って何とか踏ん張る。
「やらせないお!」
こらえるうちにソニックが桜崎をカット。
がっちりと羽交い絞めにし
「ディアナ!」
と呼びかける。
トップロープで体勢を立て直したディアナは
そのまま桜崎をミサイルキックで吹き飛ばした。

そして、桜崎を捕まえバックに回ると一気にジャーマンで投げる。
フォールには行かず
「お願いしまス!」
とソニックにみことを分断させるとコーナーに登ると
「決めまス!」
と天高く飛びだし、美しい姿勢で空中で2回転し
桜崎の身体に振ってきた。

ワン!ツー!・・・

カウント2.7で肩を上げる。
悔しそうなディアナに
「一度でダメならもう一回さね!
 休んでちゃダメだお!」
ソニックからの檄が飛ぶ。
気を取り直したディアナだったがわずかな間でも
桜崎を休ませたのは失敗だった。
「甘いですわ、お譲さま」
ディアナの視界から消えたかと思うと
次の瞬間にはディアナの身体が回転していた。
いつの間にか桜崎がディアナの踵を取り
スタンディングのアンクルホールドに極めていた。

「ディアナ!」
今度は逆にみことに抑え込まれて救出には行けない。
ディアナは遮二無二もがいてなんとかエスケープに成功した。
ロープに近かったことが幸いだった。

その間に、桜崎はみことにタッチ。
変わったみことはディアナをバックドロップで投げると
もう一度バックドロップを放つ。
しかし、これはディアナは体を浴びせる形で切り返し
ナックルでみことの顎を打ち抜きながら自コーナーに追い込み
ソニックとチェンジする。

ジャンピングヘッドバットを連打しみことを座らせると
コーナーを背負わせた状態でシャイニングウィザード。
更に抱え起こしてのノーザンライトスープレックスでフォールする。
これはカウント2.3でみことは返すが
ソニックは続けざまにフラーングニールキック
ウルトラソニックシザースとたたみ込む。
フォールに行くが桜崎のカットで3カウントは奪えず。
ならばと

「一気に行くお!」
と足を抱えてキャプチュードにいく。
「させない・・・・!!」
側頭部にエルボーをあててクラッチをほどくと
逆に必殺の草薙流兜落し!
すぐにフォールに行きたかったが、それまでもダメージから
中々起き上がれず時間がかかる。
なんとかエビに固めたが2.8で跳ね返された。

両者ダウンしていたが先に立ちあがったのはみことの方で
「草薙流の真髄、組技だけにあらず・・・」
とつぶやくと、起き上がったソニックに対し
猛然とキックのラッシュをかける。
ミドル、ローと蹴り分けられ、止めの右ハイがソニックの
側頭部を襲う。
しかし、それを腕でブロックすると
起死回生のダイアモンドカッター。

そして、ロープに走ると全体重をかけてのフライングニールが
みことの顔にヒット、額が割れて流血が滴る。
再度フライングニールが決まりフォールに行く。
「かえせ〜!!」
ディアナに抑え込まれている桜崎が必死に叫ぶ。
これに反応したか2.9で何とかみことが返す。

「ならば、これで決まり、なの!」
腕を首にかけ、ブレーンバスターに。
必死に踏ん張ってこれをこらえるみこと
何度と力を入れて投げようとするも腰を落としてこらえる。

すると桜崎を抑えていたディアナがリングに駆けこんで
ドロップキックを踏ん張るみことの膝に放った。

「サンキューなの!」
これで力のバランスが崩れ、ソニックは高々とみことの身体を持ち上げた。
ジュニアらしからぬパワーを見せつけるとそこからマットに急降下し
危ない角度でみことの頭がマットに突き刺さった。

ワン!ツー!!・・・・

再び桜崎の足を掴んで離さないディアナ。
桜崎が何とか身体を伸ばしてカットしようと手を伸ばす
その30センチ先でレフリーの手が3つ目のカウントを振り下ろすのが見えて
桜崎はがっくりとマットに身体を沈みこませた。


「41分21秒、41分21秒
 垂直落下式ブレーンバスターからの体固めにて
 ソニックキャット選手の勝利、この結果初代八咫の女王は
 ソニックキャット、ディアナ・ライアル組となりました!!!」
アナウンスに答えレフリーが二人の腕を掲げると
満員の観衆から拍手と歓声が巻き起こった。

4名による大熱戦に、惜しみない拍手が
勝者だけでなく負けた桜崎とみことにも降り注ぐ。
互いにがっちりと握手して健闘をたたえ合うと
4人手をつなぎ並んでリング四方に向かって頭を下げる。
そこには清々しい笑顔にあふれていた。



●ソニック(41分21秒ブレーンバスター)みこと×
※ソニック・ディアナ組が初代八咫を戴冠






ソニ、ディアナふたりともおめでとう!

ありがとうなの!

ありがとうございます

ソニは草薙との2冠達成だね

嬉しいの!これから音速ヒロイン第2章が幕を開けるの!

ディアナも良かったよ
こんなにはやく約束を果たすとはね

そんな、今日はミカさんに必死について行っただけデス
それにあくまで今回はタッグのベルトでスから
まだ約束は達成されてはいないデスよ

ファンの方も遠方からもかなりの人数がきていたようですね

八咫にちなんで三重(伊勢の国)での開催だったからね
1万人クラスの箱とは言え先月がドームだっただけに
入りきらなかったみたいだね

急遽、会場近くの公園でPPVを開きましたがそちらも
かなりの人出でした

草薙、八咫とようやく団体の顔がそろいましたね

シングル、タッグの目標がしっかりと定まったからね

うん、これからは二つのベルトの価値をどれだけ高められるか
ソニをはじめみんなにかかってるからね

世界中のレスラー誰もが狙ってくるベルトに
するさね!

その意気だよ



タイトルインデックス 百花繚乱第39話前篇>>  << 百花繚乱第40話

スポンサーサイト

  • 2011.06.20 Monday
  • -
  • 19:00
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

recent comment

  • とりあえず書くことから始めよう
    トモ
  • 1mmも頭になかった
    泡藻
  • 1mmも頭になかった
    CBTF
  • 越中いいこと言ったw
    泡藻
  • 出来れば赤か青が良かったです
    泡藻
  • 出来れば赤か青が良かったです
    CBTF
  • 越中いいこと言ったw
    トモ
  • 分かっちゃいたけど愕然とした
    泡藻
  • 分かっちゃいたけど愕然とした
    トモ
  • 分かっちゃいたけど愕然とした
    CBTF

selected entries

categories

archives

links

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM