SS更新滞っております。申し訳ありません……

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.06.20 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

WAS2リプレイ風SS〜百花繚乱〜第39話(前篇)


※このSSは基本対話形式で進行します。
文中でのキャラ色
 社長=
 霧子=オレンジ
 北条=
 滝=
 RIKKA=黄緑
 ソニック=黄色
 桜崎=
 ハン=浅葱色
 六角=茶色
 ディアナ=ピンク
 みこと=水色
 小早川=
 ??=
外国人・フリー参戦・その他=グレー
説明文=白・斜体

となっております。
ご確認のうえお読みくださいませ。
本文は続きからとなっております。

なお、右フレームに

タイトルインデックスページへのリンクがありますので活用していただけると話を追っていけるかと思います。


【7年目2月】
いよいよ八咫ですね

うん、奇しくもソニ・ディアナ、桜崎さんみことさんの
師弟タッグ同士の争いだからね

お互いにチームワークは問題ないですからね
白熱した素晴らしい試合になるでしょうね

うん

今月はワールド女子からの選手派遣もありますし

誰が来るんだっけ?

南利美選手、一六夜美響選手、ボンバー来島選手の3名ですね

へえ、ワールドさんのトップ3人か
思い切ったね

うちとワールドの実力から言ってトップ選手でないと
太刀打ちできないと考えたのでしょう

沙希お姉ちゃん達が先月かなり暴れたみたいだからね

北条様、滝さんはきちんと試合として観客に魅せる
プロレスが出来ますからね、相手をしっかりと立てて
それで、勝負はきっちりととる
ワールドの首脳陣も勉強になったと伝えてきましたね

じゃあ、行ってもらってよかったってことかな

そうですね

あとはなにかある?

はい
桜崎さんのCDはミリオンセラーを達成したようです
ソニックさんの写真集はそれなりに売れているとのことです

まあ、そんなもんだろうね

それと、坊ちゃまには毎年の事でしょうがこれを

ああ、バレンタインか
なんかすっかり忘れてたよ、ありがとう霧子さん

他の方からは当日に貰われると思いましたので
少し早めにお渡しいたしました

気遣いありがとね

いえ





ぃよっ!坊や

六角さん、今日はまた遅い時間だね

ん?ああ、もう日付変わってたか
って事で坊やも一杯どうだい?

ボクはいいや、もう寝るしね

そっか、つれないねぇ

でも六角さんにしてもだいぶ遅いけど

まあね、こうして月を見ながら一杯ってのもあとわずかだからねぇ

それって・・・・

まあ、もうすぐ三十路到達だからねぇ
それまでにはっ、てところだよ

そっか・・・・

・・・・・ほら、飲みなって!

・・っわっぷ!!

おおいい飲みっぷりだ

うぇ、ちょっと無理やりはひどいよ

あはは、まあいいじゃないか
今宵は付き合ってもらうからあきらめって

はぁ・・・、しょうがない
今日だけだよ

そうこなくっちゃ!!♪




2月興業結果
中国四国エリア:ALL超満員
収支:+558AP

...........................................................................................


東舷楼女子プロレス2月興業〜八咫〜

東舷楼タッグ〜八咫〜選手権試合

ソニックキャット ディアナ・ライアル組
         VS メイデン桜崎 草薙みこと組


「ディアナ行くお!」
「みかさん、今日は絶対勝ちましょう」
控室前でお互いに気合を入れる二人。
一方
「美咲さん・・・」
「みこと、大丈夫。
 いつもどおりに、ね」
「はい!」
反対側の控室で後輩を鼓舞する桜崎。

いよいよ、八咫の称号をかけた一戦が始まる・・・・・。

「ただいまより本日のメインイベント
 東舷楼タッグ『八咫』選手権、時間無制限一本勝負を行います」
暗転したホールにアナウンサーのマイクが響く。

「青コーナーより『最強御奉仕巫女伝説』
 メイデン桜崎、草薙みこと組の登場です!」
大声援の中、みことを先頭に入場する。
そしてリングサイドで一礼し
リングインして四方に向かって丁寧に頭を下げて回る。
二人とも緊張感にあふれた気合の入った表情をしている。

「変わりまして赤コーナーより『Ring of Dreams』
 ソニックキャット、ディアナ・ライアル組の入場です!」
曲は一転し軽快なテンポになり
そして二人がダッシュでリングに向かう。
ソニックはコーナーポストに駆け昇って高々と右手を掲げる。
ディアナは若手らしく慣習に向かってお辞儀をしてのリングインとなった。

「美咲、負けないさね!」
「それはこちらのセリフですわ、お嬢様」
「みこと、勝負でスね」
「はい、ディアナさん。今日は勝たせてもらいます」
互いにがっちり握手して自コーナーに別れる。
どうやら先発はディアナとみことのようだ。

「・・ッファィ!!」
カ〜ン!

ゴングと同時にドロップキックの相打ちで火花を切った。

開始後しばらくは若手同士らしい躍動感あふれる攻防が続く。
ディアナがドロップキックで弾き飛ばすと
みことはアームホイップで連続で投げ飛ばす。

流れが変わったのは互いにパートナーにタッチしてから。

桜崎はソニックの左足に狙いを定めて攻める。
自慢のスピード対策として徹底した足殺しを開始した。
逆エビできりきりと絞り上げ、強烈なローで膝裏を狙う。
徐々に効いてきたか、ソニックの動きが目に見えて悪くなった。

「さあ!これに耐えられますかお嬢様!!」
みことに指示を出しディアナを分断すると
メイド・イン・ヘブンを敢行。
がっちりと捕らえると強烈に締め上げる。

「ソニックギブアップ?」
レフリーがソニックの顔色を見ながら問う。

「ノ〜〜!!!」
必死にロープに這おうとするソニック。

「我慢は身体に悪いですよ、お嬢様。
 はやくお楽になってはいかがですっか!」
桜崎は更に上体を反らせて絞る。

「っぐあぁぁぁぁl!!」
「ミカさん!!」
ソニックの悲鳴とディアナの叫びが
興奮の会場に響き渡った。



後編へ続く







タイトルインデックス   百花繚乱第38話>>   << 百花繚乱第39話後編

スポンサーサイト

  • 2011.06.20 Monday
  • -
  • 18:00
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

recent comment

  • とりあえず書くことから始めよう
    トモ
  • 1mmも頭になかった
    泡藻
  • 1mmも頭になかった
    CBTF
  • 越中いいこと言ったw
    泡藻
  • 出来れば赤か青が良かったです
    泡藻
  • 出来れば赤か青が良かったです
    CBTF
  • 越中いいこと言ったw
    トモ
  • 分かっちゃいたけど愕然とした
    泡藻
  • 分かっちゃいたけど愕然とした
    トモ
  • 分かっちゃいたけど愕然とした
    CBTF

selected entries

categories

archives

links

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM