SS更新滞っております。申し訳ありません……

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.06.20 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ビーダッシュストーリーズ〜グローインアップ!〜4

暗転した場内で唯一光が当たるところ
若草色のリング目掛け全力疾走で走り出した。

颯爽と駆け抜けるさまは正に流星。
大声援をバックにスターライト相羽はあっという間にリング下まで来た。

そして、リングに向かって深々と一礼すると
セカンドロープ越しにリングインした。

青コーナーでじっと立ち花道の奥をただ見つめる。


ライトは一転して青から赤に変わる。


激しいロックのビートの中
こちらは女王らしくゆっくりと
しかし力強く歩みを進める。
腰にしっかり巻かれたのは、輝く女王の証
団体の至宝、BDHのベルト。

グリズリー山本・佐久間理沙子・ロイヤル北条
そしてサイクロン近藤と受け継がれてきた団体そのものである。

そして、今宵。
新たな歴史の1ページを刻むか
あるいは
その扉はまだ開かれないのか
全てはこれから先数十分後には明らかにされているのだ。



「お待たせいたしました。
 ただ今より本日のメインイベント
 BDHヘビー級選手権試合60分1本勝負を行います!」

リングアナもそんな雰囲気がわかっているのか幾分緊張した面持ちでリング中央に立っている。

「青コーナー・・・・163cm××kg・・・
 輝けるリングの流星・・・・
 スターライト〜あい〜ば〜!!!!!」

一斉にスカイブルーの紙テープがリングを占領する。

「赤コーナー・・・・169cm××kg・・・
 唸れ真紅のレイジングストーム・・・・
 サイクロン〜こん〜どう〜!!!!!」

青を覆い尽くすほどの真っ赤な紙テープが舞う。


セコンド陣によって速やかに回収される紙テープを横目に
ボディチェックを受ける二人。

片時も視線を外さない相羽に対し
近藤はあくまで自然体だ。

レフリーを挟んで両者が並びあう。
握手は無しだ。

一時視線が交じあい
そして両コーナーに分かれる。

ゴングを待つ数瞬、あらゆる雑音は途絶え
二人の呼吸音だけが響く。

ここにいる誰もが固唾を呑んでリングを見ているのだ。

近藤は静かに目を閉じ

相羽は一度両の手で己の顔を張った。


そして

運命のゴングが打ち鳴らされた・・・・・。





グローインアップ!3>>    << グローインアップ!5





====================================================

ははは・・・・(苦笑)
まだ肝心の試合が始まりません^^;

おかしいなぁ、当初は5話に収める予定だったのに・・・w

この分だと10話近くいってしまうかも。
読む側も覚悟しておいてくださいませw

スポンサーサイト

  • 2011.06.20 Monday
  • -
  • 17:08
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
いやいや、じっくり行きましょう
熱い戦いは長くなっても読み続けられますから
豆腐屋様≫
そういってもらえるとありがたいです。
しかし、おいらにとって熱い戦いを書くということが
一番の難産だったりします(苦笑)
  • アワモ
  • 2008/09/25 12:09 AM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

recent comment

  • とりあえず書くことから始めよう
    トモ
  • 1mmも頭になかった
    泡藻
  • 1mmも頭になかった
    CBTF
  • 越中いいこと言ったw
    泡藻
  • 出来れば赤か青が良かったです
    泡藻
  • 出来れば赤か青が良かったです
    CBTF
  • 越中いいこと言ったw
    トモ
  • 分かっちゃいたけど愕然とした
    泡藻
  • 分かっちゃいたけど愕然とした
    トモ
  • 分かっちゃいたけど愕然とした
    CBTF

selected entries

categories

archives

links

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM