SS更新滞っております。申し訳ありません……

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.06.20 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

アナザーファイト【本領】

  
これは、レッスルエンジェルスオンリーイベント
「レッスルクライマックス」にて、文章系サイト総合サークル
T-WINSで頒布した「ANGEL MANIA 2009」での
泡藻の担当した第3試合のアナザーストーリーです
本を購入されていない方も楽しめる内容となっていますが
比較されるとその違いがはっきりすると思います



SSインデックスのページにアナザーファイトを収録開始しました。
また、文末にページ送り機能も追加しました。

一人リングの上で立つ北条。
ハロウィンパーティーの3人となぜかパートナーの滝も
リング下で様子をうかがっている。

「全員そこに正座!!」
圧倒的な迫力の前に、4人はおとなしく固い床の上に姿勢をただした。
「いい!?今日は名だたる団体が勢ぞろいしての世紀の大イベント
 そこはわかってるわよね!!」
キッと睨まれてコクコクとうなづくしかない美沙達。
「それがどうすればこんな無様な試合を大観衆に見せなきゃいけないのかしら?」
神妙な面持ちで黙っている。
「理解した?だったらこれからは真面目に行くわよ
 わかった!?」
ドンとリングを踏みつける。
同時に、真鍋が正座の姿勢のまま器用にとび跳ねた。
目ざとくそれを見つけた北条の表情が一層赤く染まる。
「真鍋!私は、真面目、にと言っている!!」
再び足を踏み鳴らす。
すると今度は、美沙と亜魅を含めた3人ともがドンという音に合わせて
身体を浮かせた。
「うん、流石だね。息もぴったりだ♪」
感心したように呟く滝。
「翔子!!!」
意識してはいないのだろう。
呟く声が聞こえ、滝の名前を呼ぶときに思わずリングを踏みしめてしまう北条。
すると、どうだ。
観客の半数余りもそれに合わせてジャンプしたではないか!

「みんなナイ〜ッス!♪」
なんともノリのわかる今日の観客であった。



「我々も悪乗りだったが、沙希も公開説教とは中々だと思うけどね」
笑いながら滝が言い放つ。
「……はぁ」
それに気付いたのか北条はひとつ、大きくため息をつくと
「翔子、もういいでしょう。ちゃんとプロレスをしましょう」
と呟いた。
その言葉を聞き
「そうだね。この辺で格の違いというものを見せないとダメかな」
にこやかな表情のまま自コーナーへと駆けもどる滝。
だが、笑顔とは裏腹に醸し出す雰囲気が
先ほどとはまったく違うものになったという事を
観客の多くも感じ取ったようだ。

「ぶ〜、もう少し付き合ってくれると良かったのにぃ」
「まあここまでは作戦通りなのです」
美沙と真鍋の二人もそれぞれに戻ってここから仕切り直しと言ったところだろうか。




「美沙ちゃん、タッグの醍醐味と言うのを味わってみないかい?」
美沙と対峙した滝は、ボディスラムで倒しておくと
コーナーに座っていた真鍋に向かった。
「えっ、あたしなの!!グゲッ!?」
スライディングキックで場外に叩き落とした。

「沙希!」
それまで見せる事が無かったツープラトンの攻撃をここで解放したベテラン組。
まずはロープに振る。
「「せぃっ!」」
腰を落としてのダブルドロップキックで美沙を打ち抜いた。
「まだまだこれからよ、覚悟なさい」
今度は滝がロープに走ると宙を舞い、フライングクロスチョップを放つ。
合わせるように北条は、すっとしゃがみながらクルリと回転し
水面蹴りで美沙の足を刈る。
「ふぎゃ!」
その為、美沙は勢いよく後頭部をリングに打ち付ける羽目になった。
すかさず、そこからのど元と腹部にWでギロチンドロップを降下。
「フォール!」
試合権のある滝がすかさず片エビに固め、カウントが入る。
美沙はそれを2.0で返す。

「まだまだ、これからだよ」
滝は、再びボディスラムで美沙を投げ
コーナーポスト上で待ち構える北条にタッチする。
北条は高く舞い上がると鋭いニードロップを美沙の肩口から胸元に落としていった。
「起きなさい!」
北条は声をかけ美沙が顔をあげるのを待っている。
そして美沙が上体を起こし立ちあがった瞬間、
強烈なランニング・ハイ二―が美沙の顎に炸裂した。
一瞬伸びあがったようにつま先立ちになり
そこから力無く崩れ落ちる美沙。
そこをがっちりと足を抱えてフォールの姿勢に入った。

「ワン! ツー! ……「ダメぇ!」」

カウントが3つ入る前に真鍋が倒れこむように北条にかぶさって崩し
なんとかカットに成功した。

「どうかな、堪能してもらえてるかな」
コーナーにいる滝の笑顔があやしく光った。




タイトルインデックス 戻る>>  << 次へ

スポンサーサイト

  • 2011.06.20 Monday
  • -
  • 15:00
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
 北条さんとハロパーでドンドンがドン……光景を想像しただけで笑ってしまいます。
 ここの北条さんは、越後さん並に苦労人ですね。(笑)
 よく考えれば、滝さんも後輩をメイドレスラーにしたてあげたりするような人ですし「ノリと勢い」ではハロパーに匹敵するものがあるのかもしれませんね。

 さてここからは、いよいよタッグとしての戦い……本でもそれまでの雰囲気とは違ってシリアスになってくる部分ですよね。
 楽しみです。
  • CBTF
  • 2009/12/02 10:14 PM
まんま「まねんのかっ!」なノリでしたね(笑)
展開としては少し試合でもしようかなかんじでしょうか。
そろそろ佳境に入ってくるでしょうね。
  • 泡藻
  • 2009/12/04 4:13 PM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

recent comment

  • とりあえず書くことから始めよう
    トモ
  • 1mmも頭になかった
    泡藻
  • 1mmも頭になかった
    CBTF
  • 越中いいこと言ったw
    泡藻
  • 出来れば赤か青が良かったです
    泡藻
  • 出来れば赤か青が良かったです
    CBTF
  • 越中いいこと言ったw
    トモ
  • 分かっちゃいたけど愕然とした
    泡藻
  • 分かっちゃいたけど愕然とした
    トモ
  • 分かっちゃいたけど愕然とした
    CBTF

selected entries

categories

archives

links

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM