SS更新滞っております。申し訳ありません……

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.06.20 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

アナザーファイト【反撃】

 
これは、レッスルエンジェルスオンリーイベント
「レッスルクライマックス」にて、文章系サイト総合サークル
T-WINSで頒布した「ANGEL MANIA 2009」での
泡藻の担当した第3試合のアナザーストーリーです
本を購入されていない方も楽しめる内容となっていますが
比較されるとその違いがはっきりすると思います

そろそろ展開が大きく変わってくるかな

並行して書き物をしている影響か、普段より行間が空いた文章になってるかも
読みにくかったらごめんなさい


試合はLa・ベルサイユのペースで進む。


圧倒的に攻め立てているのは北条、滝。
しかし、美沙たちも所々で反撃をしつつ
相手、特に北条に対してフラストレーションが溜まるような
ちょっかいをかけていった。

現在、リング上は真鍋と滝が中々スピーディな展開を繰り広げている。
「滝センパーイ。もちっとスピード落とさない?
 あたし疲れたよぉ」
「なんのなんの、つかさちゃんは油断ならないからなぁ
 もう一段速度を上げる事にしよう♪」
「んげ!?逆効果ぁ」
言ったとおりに滝の攻撃速度が一段階アップしたようだ。
対応が後手後手となって滝の攻撃が真鍋にクリーンに当たるようになった。
怯んだところを素早く背後にまわられ、コブラツイストに捕えられた。

「何か手を打たないとまずいのです。
 そうなのです、つかさ。
 何をやってもいいから滝先輩を追いやるのです。
 それで亜魅、ちょっと耳を貸すのです!」 
美沙が指示を飛ばす。
「にゃにぃ? 何だか知らないけど、なんか面白そうだからやってみる!」
技を喰らっていた真鍋は、腕を曲げて滝の顔をサミングして抜け出す。
だが余程効いていたのか、よろよろと手近のロープにもたれるようにもたれかけた。

「顔を傷つけるとは……っ!!」
顔を傷つけられ血の気が上がった滝が突っ込んでくる。
「残念でした〜♪、とりあえず落ちとく?」
寸でかわしつつ真鍋は、体重をかけてトップロープをグイと押し下げ
滝をリング下に追いやることに成功した。

「ナイスつかさ! 亜魅、お願い!」
「かしこまりました、美沙様」
打ち合わせ通りに栗浜が滝を後ろから羽交い絞めにする。
北条がリングに入って介入しようとするのを見た美沙は
「ほらあっち、あっちなのです!」
と、レフリーに。
「北条、ノー!戻れ!!」
北条がレフリーに止められるのを確認すると、視線を真鍋にやる。
それにあわせて真鍋が勢い良くロープに走った。

「つかさちゃん、飛んじゃうぅ〜!」
小柄な弾丸と化した真鍋のトペスイシーダが滝にクリーンヒット。
捕まっていただけにもろに喰らってしまったようだ。
「翔子!!」
レフリーを振り切ってリングに入ってきた北条。
「今度はこっちなのです!」
いつの間にかコーナーポストに登っていた美沙。
「魔力解放、覚悟するのです!」
両手で相手を指さしコーナーから飛び立つと
突っ込んできた北条に背中からぶつかっていった。

倒れこんだ北条。
「そ〜ら、お前達!
 や〜っておしまいなのです!!」
「あらほらさっさぁ♪」「かしこまりました」「O.K」
4人がかりでもってガシガシと北条にストンピングの嵐を浴びせかける。

「ん?なんか一人多いような気がするのです……?」
「まあ細かい事はいいじゃないか」
「攻撃の手が多い事はいい事ですわ」
「そだねぇ♪」
「んじゃ、このまま続けるのですよ」
とりあえず4人で踏みつける。
いや、一人は踏んでいるように見せかけて
実際は近くの床を踏み鳴らしているだけなのだが。

「……貴女はなにをしている?」
なんとか顔を上げた北条とばっちし目があった。
「いやぁ、なんだかみんなで楽しそうだったからね。
 参加してみたくなったのさ」
慌てることなく、長い巻髪をかき上げながら応えるミシェール滝。
「翔子……貴女は味方だろうに」
「だからホントにストンピングかけてはいなかっただろう?」
ハロウィンパーティの3人は、話の成り行きを足を止めてみている。
北条をグリグリと踏みつける形で。

北条の様子が変わった。
黙りこくると顔を伏せてなにやらブツブツと口を動かしている。
「……ぇら」
「なになに?」
顔を伏せた北条のつぶやきは届かなかったようで
真鍋が顔を近づけ無邪気に聞き返す。




「……お前ら、いい加減にしろぉぉぉぉぉぉ!!!」






力づくで3人の足を振り払い、仁王立ちに起き上がる北条。
その顔は憤怒に溢れて真っ赤になっている。
「わー、怒ったのです!!」
「にっげろ〜!!」
「アイスが溶けてしまいますわ」
「とりあえずここは退散しておくとするか」

滝を含めた4人は、蜘蛛の子を散らすようリングの四方から一目散に逃げ出した。
そしてリング下に分かれると目を見合わせ

「「「せーの!」」」 

と一斉に『アッカンベー』と舌を出す。
流石にそれをするのは気が引けたのか
滝は観客に向かって優雅に手を挙げて見せた。
あからさまな挑発に観客は大いに盛り上がり
北条の顔は怒りに染まって爆発寸前だった。




タイトルインデックス 戻る>>  << 次へ

スポンサーサイト

  • 2011.06.20 Monday
  • -
  • 22:30
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
滝さんノリ良すぎ(笑)
敵味方関係なく中央でボコボコ・・・。
吉本新喜劇みたいな展開だ♪
北条さんのリミットブレイクにも期待です。
 このあたりは結構本と変わってきましたね。
 個人的な感想ではありますが、泡藻さんらしい展開に楽しませていただいています。

 滝さん、はっちゃけてますね。ハロパーに毒されたのか、それともこれも演出の一環なのか。
 ギミックレスラーとして徹底している部分もあって格好良いですし、愛の桜崎のストーリーではRIKKAとともに言葉少なく後輩を導く出来た人ですが、案外「自分が楽しければそれで良し」的なところもありそうで、ちょっと腹黒い?印象です。(その点では泡藻さんの書かれる滝さんとイメージが一致しております)
 北条さんは……真面目な人ですからね。ハロパの面々と年齢が近ければ、越後さんのような苦労人になっていたでしょう。それはそれで……面白そうですよね。
  • CBTF
  • 2009/12/01 1:02 AM
一層吉本チックなノリになってきましたね(笑)
基本的な試合の流れは本編と今回と変わってはいないのですが過程が・・・w

今回の目的にサバ2になり格好良くなりすぎている滝さんをお茶目なキャラに振り戻すこともあったりします(笑)
  • 泡藻
  • 2009/12/02 2:29 PM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

recent comment

  • とりあえず書くことから始めよう
    トモ
  • 1mmも頭になかった
    泡藻
  • 1mmも頭になかった
    CBTF
  • 越中いいこと言ったw
    泡藻
  • 出来れば赤か青が良かったです
    泡藻
  • 出来れば赤か青が良かったです
    CBTF
  • 越中いいこと言ったw
    トモ
  • 分かっちゃいたけど愕然とした
    泡藻
  • 分かっちゃいたけど愕然とした
    トモ
  • 分かっちゃいたけど愕然とした
    CBTF

selected entries

categories

archives

links

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM